世田谷の和食店が描く、『世田谷の和食店⑤』

2018/05/19
ウルトラマン商店街

世田谷の和食店が描く、『世田谷の和食店⑤』

 

 

こんにちは。

世田谷区松原で和食店『身ノ程知ラズ』を営む店主・千場です。

今回は我が地元・祖師ヶ谷大蔵エリアの和食店にスポットを当てたいと思います。

 

ついに来ました、我が街・祖師ヶ谷大蔵。

かつてウルトラマンで有名な円谷プロがあったことから、現在祖師ヶ谷大蔵にある商店街は『ウルトラマン商店街』と呼ばれ、多くの住民が買い物でごった返す、大変賑わいのある街なんです。

そして、とんねるずの木梨憲武さんの実家として超有名な木梨サイクル。

憲武さんそっくりのお父さんが、今も現役でお店に立たれています。

木梨サイクルの2階はグッズ販売のお店になっていて、週末は若者たちがひっきりなしに出入りしています。

私も木梨サイクルグッズが大好きで、キャップ・パーカ・小さな手提げかばん・自転車のキーホルダーなどを買いそろえました。

可愛らしさとお洒落さのバランスが良いため、ついつい欲しくなっちゃいます。

 

街の紹介はこの辺にしましょうか。

世田谷の祖師ヶ谷大蔵、和食店で外せないのは『たちばな』さんでしょう!

駅の南側の商店街沿いにあります。

https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131814/13013762/

親父さんと息子さんが中心となって、活気のある素敵なお店です。

一階は少人数利用のカウンター、地下は大人数利用のテーブル席。

息子さんがかなりの男前で、笑顔がかわいい。八重歯がかわいい。

いつも嫁さんと行くので、一回のカウンター席にしか座ったことがなく、

男前の息子さんを眺めながら飲むのが何とも良い。

お刺身も焼物も煮物も揚物も、ボリュームがすんごい。

3品くらいお願いしたら、2人で食べきるのがやっと。いや、マジで。

 

日本酒は、超超超入手困難な花浴陽(はなあび)が飲めます。

先日飲んだのは赤いラベルの山田錦。

バナナのような香りが鼻を抜け、滑らかな舌触り。

ジュースと例えるのが雑。

だけど、ジュースと例えたい。

そうだ、これは千疋屋のパッションフルーツジュースだ。

ほんとそんな感じ。

他にも雨後の月、一白水など、良いやつ揃ってますよ。

 

そしてもう一軒。駅の北側の『きなり』さん。

ちょっと路地を入っている場所にあり、麻地の暖簾がまぁ良い雰囲気を醸し出している。

見た目で美味い店認定。

週末はいっつも賑わっていて、カウンター席は取り合い。

お刺身の品数がかなり充実しているから、お刺身だけで日本酒をたくさん飲めますよ。

この店には飛露喜が常にある。

飛露喜って簡単に言いますけど、ほんと手に入れるのが大変なんだから。

皆さん有り難く飲んでよ!

 

世田谷の祖師ヶ谷大蔵にも、最高の和食店がありました。